「日本人の配偶者等」ビザの更新と帰化の申請ならどちらが簡単?

記事更新日:

日本人配偶者のビザの在留期間の更新のタイミングや、妊娠・出産のタイミングできっかけに帰化申請を考えていらっしゃる方も多いと思います。本編では、日本人配偶者の方で帰化申請を検討している方に向けて、帰化申請について解説していきます。

まずは帰化の要件を確認

まずは帰化の要件について確認してみましょう。

帰化の7つのポイント(普通帰化の場合)
  1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること
  2. 20歳以上で本国法によって能力を有すること
  3. 素行が善良であること
  4. お金の面で生活に心配がない
  5. 日本国籍の取得によって、母国の国籍を離脱できる
  6. テロリストや反社会的勢力ではない
  7. 日本語能力に問題がない

日本人と結婚して長い方や、日本に移住してきて長い方は、帰化の要件が一部緩和される場合があります。その条件は下記になります。

  • 日本国民の配偶者(妻・夫)であって、引き続き3年以上日本に住所または居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの
  • 日本国民の配偶者(妻・夫)であって、婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの

上記に該当する方は、「居住要件」や「20歳以上」と言うポイントが緩和されます。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

普通帰化、簡易帰化にかかわらず「引き続き○年」という文言が入りますが、継続して在留しているということを意味しています。
途中、母国への里帰り出産、仕事の長期出張等の理由にかかわらず、90日以上連続して出国している場合や、1年間で合計で150日以上日本にいない場合は「引き続き」に該当しませんので注意してください。
「引き続き〇〇年」の考え方について

就労ビザを例に…

【居住要件を満たしているケース】

5年間のうち3年以上就労ビザで働いている必要があります。上記の場合は、満たしています。

【居住要件を満たしていないケース】

途中で1年間母国に帰国し、在留資格がない期間があった場合は、合計で5年日本にいたとしても「引き続き」の部分を満たしていないと判断されます。

在留資格は継続して持っていたとしても、長期で出張する場合にも「引き続き」の部分を満たしていないと判断されてしまいます。
「引き続き」に該当するためには、連続して90日以上日本から出国しないこと(たとえ仕事でもNGです)、また、1年間の合計で150日海外にいるのもNGになりますので注意してください。

帰化申請にしたい動機は何?

ビザの更新と帰化申請で悩まれている方は、日本での生活が長くなっている方やお子さんができた方も多くいると思います。
ここでは、帰化申請と日本人配偶者等ビザの更新の違いについてご説明いたします。

そもそも、帰化申請中でもビザの更新は必要です。

大事なことなので2度言います。そもそも、帰化申請中でもビザの更新は必要です。

帰化申請は、ビザの申請のように在留期限(もしくは特例期間)までに必ず結果が出るものではありません。
帰化申請をしているかどうかにかかわらず、ビザの更新はしなければなりません。

妊娠している場合、子供の国籍はどうなる?

すでに日本人と結婚し「日本人の配偶者等」ビザをお持ちの方を前提にお話しします。
婚姻関係中に出産した子供は、パートナーもしくは自分のどちらかが日本人である場合は日本国籍を取得できます。ただし、出生のときに「日本人」である必要があります。

つまり、外国人同士の結婚の場合に2人(もしくは片方)が帰化申請中に子供を出産し、その後に帰化が許可されて日本人となった場合でも、子供は日本国籍となるわけではありません。
もし、出産前に帰化が許可されれば子供は日本国籍を取得できます。

また日本の法律では、親子・夫婦で国籍が異なってもよいことになっています(親子国籍独立主義・夫婦国籍独立主義)。
ただし、別々に帰化申請をしようとする際には、きちんとした理由を求められます。これは、夫婦の一方が外国籍のままである場合、帰化後にのちに母国に帰ってしまうのではないかと懸念されてしまうからです。理想は家族全員で帰化申請が望ましいです。

離婚したい…!

現在、「日本人の配偶者等」の在留資格で日本に在留されている方は、離婚された場合はまず在留資格の問題があります。
結婚生活をやめてしまった場合は、「日本人の配偶者等」からふさわしい在留資格へ変更する必要があります。もしくは、母国へ帰らなければならない場合もあります。

<strong>離婚後に想定される在留資格</strong>
  • 仕事をしている → 就労ビザ(「技術・人文知識・国際業務」等)
  • 日本にいる期間が長い → 永住者・定住者
  • 子供がいる → 定住者
  • 新しい結婚相手がいる → 日本人配偶者等・永住者の配偶者等・家族滞在・特定活動

※状況によって取得できる在留資格は異なってきます。

帰化を考えるくらい日本に長く生活されている方は、取得できるビザも様々です。難しい申請にはなりますが、そもそも帰化申請の長い審査期間も在留資格を維持している必要があるため、帰化よりも在留資格の維持を最優先にされることをおすすめいたします。
また、帰化した後に離婚をした場合、それは偽装結婚を疑われてしまう要因にもなりかねません。無理して結婚生活を続ける必要がなければ、帰化申請よりも離婚を優先させてしまったほうがよいと思います。辛い思いをしながら結婚生活を続ける必要はありません。在留資格の専門家に相談すれば、引き続き日本に残れる案を模索してくれるはずです。

帰化までは考えていないけれども、「永住者」ビザについても検討したいと言う方は↓の記事を参考にしてみてください。
もし、「日本人の配偶者等」ビザの在留期限が何度更新しても「1年」しか出ないと悩まれている方の多くは、おそらく入管のHPに書かれた最低限の書類しか出されていない方がほとんどです。申請する側に立証責任があるため、継続した婚姻関係を今後も続けていくという証拠を積極的に提示していく必要があります。本当は「永住者」がいいけれども、ビザの関係で帰化申請を検討されている方は「諦める」前に専門家に相談されることをお勧め致します。

帰化申請と「日本の人配偶者等」ビザの難易度の違いは…?

日本人の配偶者の場合、帰化許可申請に必要な要件が通常のケースと比較して緩和されることを説明しました。帰化許可申請と在留資格の更新申請の比較をしてみましょう。

圧倒的に帰化の方が難しいです

ケースにもよりますが、「日本人の配偶者等」ビザの更新と帰化申請の場合は帰化申請の方が難しいです。

帰化もビザも基本的に要件を満たしていれば許可をいただけます。どちらの申請も、法務大臣に「裁量権」があることが原因で「難しい」と感じさせています。
例えば、帰化申請の要件の一つである「素行が善良」というのは審査官によって判断が違います。さらに、素行要件だけでなくその他の要件も合わせて総合的に判断されます。
「日本人の配偶者等」ビザの場合は、「(一般的な)結婚生活」が続いていればビザの更新自体はさほど難しい問題ではありません。しかし、結婚生活に関しての様々な価値観がある今、出入国在留管理局が求める「結婚生活」が継続していることをアピールすることが求められます。

帰化申請の場合は、「日本人の配偶者等」ビザの更新以上に見るポイントは多いです。日本人配偶者の場合は結婚生活を継続し、きちんと納税を行って、届け出義務を満たしていればだいたい許可がでます。
一方で帰化申請は、7つ(7条該当の方は6つ)のポイントを満たさなければならないため、そう言った点では帰化申請の方が難しいと言えるでしょう。

自分の気持ちを大切に

帰化申請では「あなたは、これからも日本に住みますか?」ということを重要視されています。

やはり、一定数の方で帰化後に海外に移住される方も多くいます。
「やはり、子育て・子供の教育は母国でしたい」と言う理由であったり、帰化後すぐに離婚をしてしまい日本を離れることになったりと、離れる理由は問わず帰化後は日本に住むことを日本政府は望んでいます。

ビザが面倒臭くて、手っ取り早く日本人になってしまいたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。日本の最強パスポートがあれば一時的に母国に帰るのも大した問題ではないかもしれません。また、ある程度貯金ができたら母国に帰ろう、と思っている方もいるかもしれません。

しかし、日本では「近い将来に母国に移住する予定の人」は基本的には帰化できません。
確かに「日本人配偶者等」ビザを持っていてお子さんがいらっしゃる場合は、できるだけ自分の身分をより確定させたいと思われる方も多いと思います。
しかし、帰化申請には時間と労力が必要です。「ビザが面倒くさい」という理由だけなら、帰化申請はしないことをおすすめいたします。

まとめ

以上、帰化申請と在留資格「日本人の配偶者等」の比較についてご説明致しました。
結論から言うと、これからも日本に住み続けるつもりの方は、帰化申請にチャレンジしてみてもよいと思います。ただし、「ビザが煩わしいから」という理由だけの取得はおすすめしません。

【行政書士からのアドバイス】
もし今、在留資格「日本人の配偶者等」の在留期限が迫っているのであれば、まずは在留期間の更新を行いましょう。帰化許可申請は1年近くかかる上に、申請中に在留期限が到来する可能性がある場合にはその前に更新申請を済ませる必要があります。
という事務所では在留資格の手続きも行っております。ご相談下さい。

日本国籍の取得・帰化申請に関するお問い合わせ
  • 土日祝日・平日夜20時まで相談OK
  • まずは、じっくりお話をお伺いさせていただきます。初回は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご相談はご来所もしくはZoom等を利用したビデオ会議システムで行います。
お電話でのお問い合わせ

「帰化申請のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:10:00-18:00
メールでのお問い合わせ




    無料相談のご予約メール相談・質問



    ※予約可能時間 平日 10:00〜20:00 / 土日祝日 午前中


    ご来所(事務所)Zoom等のビデオ面談


    ページトップへ戻る