土日祝日の相談・オンラインでの相談も受付中!

就労ビザの更新と帰化の申請ならどちらが簡単?

就労ビザの更新が迫っている方で5年以上日本にいる方の中には、帰化とビザの更新で悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。帰化は永住権とはことなり5年の滞在でよく、またビザも「3年以上」のビザを持っている必要がありません。
本編では、厳しくて面倒くさい「就労ビザ」から解放されたくて帰化申請を検討されている方に向けて、その違いを解説いたします。

まずは帰化の要件を確認

まずは帰化の要件を確認してみましょう。

帰化の7つのポイント(普通帰化の場合)
  1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること
  2. 20歳以上で本国法によって能力を有すること
  3. 素行が善良であること
  4. お金の面で生活に心配がない
  5. 日本国籍の取得によって、母国の国籍を離脱できる
  6. テロリストや反社会的勢力ではない
  7. 日本語能力に問題がない

おそらく、現在お仕事をされていて「就労ビザ」を更新しようか、それとも「帰化許可申請」をしようか悩まれている方は上記の「普通帰化」に該当される方だと思います。

「普通帰化」に該当する方で、まず満たすべき要件は「①の引き続き5年以上日本に住所を有している」と言う部分についてです。掘り下げて確認してみましょう。

居住要件のポイント
  • 今日に至るまで「引き続き」(連続して)5年以上日本に住んでいる必要がある
  • 在留資格は維持できていても、90日連続での出国・年間で合計で150日を超える出国は「引き続き」に該当せずにリセットされるので注意。
  • 5年のうち3年は就労ビザで働いている必要がある
    →「留学」や「家族滞在」での「アルバイト期間」は「働いている」に含めない。

【居住要件を満たしているケース】

5年間のうち3年以上就労ビザで働いている必要があります。上記の場合は、満たしています。

【居住要件を満たしていないケース】

途中で1年間母国に帰国し、在留資格がない期間があった場合は、合計で5年日本にいたとしても「引き続き」の部分を満たしていないと判断されます。

在留資格は継続して持っていたとしても、長期で出張する場合にも「引き続き」の部分を満たしていないと判断されてしまいます。
「引き続き」に該当するためには、連続して90日以上日本から出国しないこと(たとえ仕事でもNGです)、また、1年間の合計で150日海外にいるのもNGになりますので注意してください。
また、ただ働いていればよい、と言うわけではありません。「技術・人文知識・国際業務」等の就労ビザで3年以上働いている必要があります。アルバイトは認められないので注意してください。

「普通帰化」において、満たしていない要件の中に多いのが、この3年以上就労ビザで仕事をしているということですが、次に多いのが年収が低いことも挙げられます。独身の方であれば350万円、家族3人で日本で暮らしている場合でも400万円は最低でもあったほうがよいです。
帰化は永住と違い帰化申請前に未納の年金や税金を支払えば足りますが、まとめて支払う場合かなり大きな金額になります。やはり、この支払にためらう人は帰化の要件を満たしているとはいいがたいです。
次に多いのが、家族も一緒に帰化申請をしようとしたところ、日本語能力が著しく低くてできないパターンです。日本語能力は小学校3年生レベルは必要です。読み書きもひらがな・カタカナ・小学校1年生レベルの漢字はどんなに最低でもできなければなりません。

帰化申請は非常にハードルの高い申請であることが分かります。

帰化の要件-徹底解説

帰化申請ができる人の要件とは?許可になる人の7つのポイントを解説!

帰化申請にしたい動機は何?

就労ビザ(ここでは「技術・人文知識・国際業務」のビザで説明します)をお持ちの方は、ビザを煩わしく思い帰化申請を検討されている方も多いかもしれません。
ここでは、帰化申請と就労ビザの更新の違いについてご説明いたします。

そもそも、帰化申請中でもビザの更新は必要です。

大事なことなので2度言います。そもそも、帰化申請中でもビザの更新は必要です。

帰化申請は、ビザの申請のように在留期限(もしくは特例期間)までに必ず結果が出るものではありません。
帰化申請をしているかどうかにかかわらず、ビザの更新はしなければなりません。

ビザが煩わしい!!なかなか3年以上のビザをもらえない…!

帰化申請は、「永住者」とは違い在留期間が「1年」であっても申請は可能です。中には、「次こそは」「次こそは」と何度在留期間の更新申請を行っても「1年」と言う方もいらっしゃいます。
ビザの審査をする出入国在留管理局の審査官は、来年も状況を確認したいために「1年」という結果を出しています。状況を確認したい理由は様々ですが業務内容が気になっていたり、納税状況が不安定、また会社の規模も少なからず影響しています。また転職をした場合も、次の更新時は「1年」のビザになることも多くなります。

同じ会社・同じ業務内容であれば、「3年」「5年」のビザもいずれ出るでしょう。慌てる必要はありませんよ。

転職をしたい…!

帰化申請を検討していて、転職をしたい場合は要注意です。
転職後すぐに帰化申請をすると、転職後の年収や貯金の状況次第では不利になることがあります。また、帰化申請中の転職も年収等が大きく変わる場合も審査に影響します。

帰化申請を検討している場合は転職は帰化が完了するまで我慢するか、転職後半年ぐらい様子を見ることになります。
お持ちのビザが「技術・人文知識・国際業務」の場合は、転職をした場合であっても変更許可申請をする必要はありません。しかし、帰化申請中に転職した場合は入管だけではなく帰化の審査官に届け出なければなりません。

今のビザでは希望の仕事に就くことができない…!

例えば、「自分で店を経営したい」「コックになりたい」「美容師になりたい」等、お持ちのビザでは働くことができない仕事もあります。
自分で店を持ちたいのであれば「経営・管理」ビザ、コックになりたいのであれば「技能」ビザを取得しなければなりません。まず、ご自分が目指す仕事ができる就労資格(ビザ)があるかを確認してみましょう。
中には「技能」ビザのように「○年の修行が必要」というように要件が厳しくなかなか取得できなかったり、「美容師」のようにそもそも就労ビザでは働けない職業もあります。その場合は、「永住者」ビザ(身分系のビザ)を取得しなければなりません。

まずは、希望の仕事に就労ビザがあるかどうか確認してみましょう。
どうしてもない場合は「永住者」ビザを検討し、それでも長く日本にいて帰化したいと思われる場合は帰化申請を検討します。

永住権の申請と帰化の申請ならどちらが簡単?

帰化申請と就労ビザの難易度の違いは…?

圧倒的に帰化の方が難しいです

ケースにもよりますが、就労ビザの更新と帰化申請の場合は帰化申請のほうが難しいです。

帰化もビザも基本的に要件を満たしていれば許可をいただけます。どちらの申請も、法務大臣に「裁量権」があることが原因で、「難しい」と感じさせています。
例えば、帰化申請の要件の一つである「素行が善良」というのは審査官によって判断が違います。(大まかなポイントはあります。)
一方、就労ビザ(「技術・人文知識・国際業務」)の場合は「高等教育機関で学んだ専門的な知識を活かせる業務」ということを証明するのに苦戦したのではないでしょうか。
こう言った事実認定の部分で難易度は左右されます。

帰化申請の場合は、就労ビザの更新以上に見るポイントは多いです。就労ビザの場合は認められた業務内容で働き、きちんと納税を行って、届け出義務を満たしていればだいたい許可がでます。前回ビザを取得・更新した後に転職をした場合は、改めて業務内容についても審査されます。業務内容によっては許可が出ないことも当然にあります。
一方、帰化申請は7つのポイントを満たさなければなりません。転職をした場合の在留資格の更新と比較しても、そう言った点では帰化申請の方が難しいと言えるでしょう。

自分の気持ちを大切に

帰化申請では「あなたは、これからも日本に住みますか?」ということを重要視されています。

就労ビザが面倒臭くて、手っ取り早く日本人になってしまいたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。日本の最強パスポートがあれば一時的に母国に帰るのも大した問題ではないかもしれません。また、ある程度貯金ができたら母国に帰ろう、と思っている方もいるかもしれません。

しかし、日本では「近い将来に母国に移住する予定の人」は基本的には帰化できません。
既に婚約者が母国にいる場合でも、帰化したら日本で生活することが求められます。それに、帰化申請には時間と労力が必要です。「ビザが面倒くさい」という理由だけなら、帰化申請はしないことをおすすめいたします。

まとめ

以上、帰化申請と就労ビザの比較についてご説明致しました。
結論から言うと、「ビザが煩わしい」と言う理由だけで帰化するのはおすすめいたしません。これからも日本に住みたいと思われている方で帰化申請を検討される方は、帰化申請にチャレンジしてみてください。

帰化の要件-徹底解説