土日祝日の相談・オンラインでの相談も受付中!

今までの在留状況に問題ない?〜帰化申請の意外な落とし穴〜

帰化申請では、申請が受理されるまでが非常に高いハードルとなっています。要件をおさえ、それを証明する書類を添付することができれば申請は受理されます。しかし面接で嘘をついたり、実は「在留状況が怪しい…」と思われると不許可となる場合があります。今回は、意外と見落としがちな在留状況のポイントについて説明します。

在留不良とは

おおくぼ
(行政書士)

日本で真っ当な生活を送っていますか??

「在留状況が不良」とはどういう状況?

出入国管理及び難民認定法第二十二条の四において在留資格の取り消しになる事由が挙げられています。これらに該当している状況で日本んい在留していることは在留状況が良くないと言えます。

第二十二条の四
 一〜四 偽りその他不正の手段により、許可を受けたこと
 五 在留資格に定められた活動を行っておらず、また他の活動を行っている場合
 六 在留資格に定められた活動を継続して3ヶ月以上行わずに在留していること
 七 日本人配偶者等、永住者の配偶者等の場合、配偶者の身分を持たずに6ヶ月以上在留していること
 八 中期滞在者になった者が90日以内に住所の届け出をしていない場合
 九 中期滞在者で転居をした者が90日以内に住所の届け出を行なっていない場合
 十 虚偽の住所を届け出た場合 

出入国管理及び難民認定法 第二十二条の四 ※一部省略・修正

よくあるのが住所の届け出を忘れていたり、転職のために退職をしたがなかなか次の仕事が決まらず3ヶ月以上経過してしまっている場合です。これらの理由は、帰化申請以前にビザの更新の際に「不許可」になります。
帰化申請で注意が必要なのは、特に五の「在留資格に定められた活動を行っておらず、また他の活動を行っている場合」です。

おおくぼ
(行政書士)

「ビザを取得するためだけ」の申請を行っていませんか?どのような申請をしていたか把握していますか?

今の在留資格を確認しましょう

エリック

わたしは、日本人の奥さんと生活しています。「日本人配偶者等」で「3年」のビザを持っています。もちろん、ラブラブです…。仕事はパン屋で職人をしていますが、大丈夫ですか?

おおくぼ
(行政書士)

あ、はい。仲がいいのは、いいことです。笑
むしろ、「ラブラブ」なのは重要なポイントです。
エリックさんの場合は、「日本人配偶者等」のビザで在留していますので、日本人の方と故人関係が続いていれば大丈夫です。就労系のビザではないので、お仕事内容は何でもOKです。

現在の在留資格を在留カードから確認してください。また、「高度専門職」や「特定活動46号」で在留している方は、パスポートの指定書をみてみましょう。当然ながら、就業先が変わっている場合は業務内容が同じでも在留資格変更許可を貰わないといけません。(もし、該当していたら急いで申請してくださいね)

身分(配偶者)のビザをお持ちの方は、婚姻関係は続いていますか?就労系のビザの方は、在留資格に定められた業務内容の範囲内でお仕事をしていますか?副業をしている方は、認められている業務内容で就労資格証明書を取得していますか?きちんと確認をしてください。

面接で聞かれます。「現在のお仕事は?」

在留状況については、面談でも確認されます

おおくぼ
(行政書士)

「技術・人文知識・国際業務」の就労資格で働いている人は、特に注意してください。
前回ビザを変更・更新した際の業務内容は覚えていますか?

最近では実態が伴わない「ビザを取るためだけの申請」が残念ながら増えています。これは、先ほどもご説明した通り違法であり「在留資格の取消」の対象です。本来であれば、出入国在留管理局が見抜くべきものですが、防げていないのも事実です。

特に何度更新しても「1年」しかもらえない!と悩んでいる方、要注意です…

おおくぼ
(行政書士)

「通訳翻訳」業務で入社したけどその言語を使うことはなく、店頭で接客業務を毎日やっています!(でも、仕事を用意しない会社が悪いんでしょ?自分関係ない!)というのは、ダメです…

面接で嘘はついてはいけません

面接で嘘をついては絶対にダメです。申請書類と面接の内容に矛盾があると、不許可になります。もし、「嘘をつかなければ許可を得られない」人は、帰化申請の前に現在の在留状況を整える必要があります。その場合は専門家に相談してみましょう。

嘘をつくつもりがなくても、申請した内容を忘れた!ということにならないように、特に「動機書」については必ず控えを取っておくようにしましょう。

まとめ

以上、在留状況について確認するポイントをご説明いたしました。ビザの変更や更新の際には、出入国在留管理局の審査官に在留状況は厳しくチェックされますが、これは帰化申請においても同じことです。もし、現在の状況が「嘘」をつかなければどうにもならない状況の場合は、事前に専門家に相談するようにしてください。

ABOUT US

東京都行政書士会所属 行政書士(登録番号:20080167) クライアントの視点を第一に、明るい笑顔と前向きな心を大切に日々業務に取り組んでおります。 <経歴> 2011年 立教大学経営学部卒業 2011〜19年 都内の菓子メーカーにて営業職として勤務 2019年 都内の行政書士事務所にて勤務 2020年 行政書士登録 2020年8月 ネクステップ行政書士事務所 開業