土日祝日の相談・オンラインでの相談も受付中!

簡易帰化って何?<7条>日本人の妻・夫の要件とは?

普通帰化の要件を満たさなかったとしても、日本人の妻・夫の場合は帰化ができる可能性があります。簡易帰化では日本人の妻・夫の場合が当てはまる場合があり、該当していると一定の条件が緩和される帰化になります。本編では、簡易帰化の7条である日本人の妻や夫である人の要件についてご説明致します。

<7条>日本人の妻や夫の場合で帰化要件に当てはまる人は?

国籍法7条で「簡易帰化」について説明しています。要件を確認してみましょう。

第七条 日本国民の配偶者たる外国人で引き続き三年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が第五条第一項第一号及び第二号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から三年を経過し、かつ、引き続き一年以上日本に住所を有するものについても、同様とする。

国籍法 第七条

日本国民の配偶者(妻・夫)であって、引き続き3年以上日本に住所または居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの

日本人の配偶者であればよく、婚姻期間については問われていません。例えば、入国後は就労ビザで働いていたり、留学生で学生であった場合でも結婚した時点で3年以上経過していれば問題ありません。申請時に住所を有していて、婚姻関係が続いていれば要件を満たします。

日本国民の配偶者(妻・夫)であって、婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの

この場合は、婚姻期間が3年を経過していれば、日本での居住期間は1年で足ります。例えば海外で結婚し、しばらく海外で結婚生活を送っていた後に、日本で適切に1年以上在留していれば大丈夫です。

帰化の要件-徹底解説

帰化申請ができる人の要件とは?許可になる人の7つのポイントを解説!

簡易帰化(7条)の5つのポイント

帰化申請は法務局で申請をし、法務大臣が結果を判断をします。簡易帰化とは言え、審査基準が甘くなるわけではありません。日本人の配偶者の場合は、確認されるポイントは5つです。この5つのポイントを1つでも満たしていないと判断すると不許可になることもあります。条件を満たしているか否かの判断は、法務大臣の自由裁量です。つまり、自分では5つのポイントをすべて満たしていると思っていて申請をしても、認めてもらえないことがあるということです。
しっかりポイントを抑えるようにしましょう。

簡易帰化の7条では、日本人の妻・夫が対象となることから、居住要件(5年以上引き続き日本に住所を有する)と、能力要件のポイントが緩和されます。

ポイント1 素行が善良であること

これは、日本の法律を守って真面目に生活していますか?ということです。まずは、入国から現在に至るまでの暮らしを振り返ってみましょう。
ま・さ・か「今の在留状況がよくなくて、次のビザの更新されるかわからないから、帰化しちゃおう!」なんて人はいないと思いますが、こういう人はすでに不法滞在ですから、帰化も当然許可されません。また、日本人と結婚すると簡易帰化に該当するからといって、偽装結婚もだめです!

年金税金きちんと払っていますか?日本の法律では、外国人も払わないといけないと定められています。会社勤めの方は、厚生年金・所得税・住民税は、お給料から天引きされているはずです。主婦(夫)でパートナーの扶養に入っている場合は、パートナーの給料明細を確認しましょう。日本人配偶者の方は、アルバイトやパートの週28時間の就労制限はありませんが、お給料が「扶養に入ることができる金額」をオーバーしているようですとそれは脱税になりますから注意して下さい。
経営者の方は、会社の税金が納めているかもチェックされます。

交通事故犯罪は起こしていませんか?軽微な違反は回数が少なければ大丈夫です。犯罪は不起訴処分に終われば問題ないですが、罰金刑の場合はしばらく時間を経過しないと申請できません。犯罪になるかどうかの基準は、日本の法律が基準です。母国で合法のものでも日本では違法の場合で違法の場合は日本の法律が優先されます。

今までの在留状況に問題ない?〜帰化申請の意外な落とし穴〜

帰化申請で確認される税金・年金について

帰化の素行要件の“交通違反”や“前科”ってどこまで許されるの?

ポイント2 お金の面で生活に心配がない

安定した生活を送れている必要があります。年収が家族構成に見合っていないほど少なかったり、返済できないほどのキャッシュローンがあったりすると、「安定している生活を送っている」とは言えません。自己破産したばかりも厳しいです。逆に、貯金がたくさんあったり(なくても大丈夫です)、不動産等の資産があると少しだけ有利になるとも言われています。
経営者の方は会社の経営状態もみられます。一時的に業績が悪化していたり、新設会社の場合は事業計画書や専門家の意見を添えて、生活に問題がないことを積極的にアピールする必要があります。

帰化申請で年収がどのくらいであれば「生活が安定している」と言えるの?

経営者や会社役員が帰化申請の際に注意する4つのポイントは?

ポイント3 日本国籍の取得によって、母国の国籍を離脱できる

日本は二重国籍については認めておらず、日本国籍を取得すれば外国籍を離脱しなければなりません。国によっては、離脱を禁じているところもありますので事前に確認してください。また、その場合は残念ながら帰化申請はできません。これに関しては、不安な方は自分で母国の政府に事前に確認してみましょう。

海外で出産

海外で出産した場合、子どもの国籍はどうなる?

ポイント4 テロリストや反社会的勢力ではない

日本政府に対して、暴力や危険な思想を主張するような団体に結成したり加入したことのある人は帰化できません。例えば、テロリストや反社会的勢力が該当します。
FacebookなどもSNSで過激な発言をしていると、間違いなく審査に影響があります。

ポイント5 日本語能力に問題がない

よく言われるのが、小学校3年生程度の日本語能力を有していれば問題ないと言います。申請受理後の面談では日本語能力を確認されますし、簡単な読み書きのテストもあります。

帰化するのに日本語ができないと不許可になる!?

簡易帰化(7条)の注意点

簡易帰化は、申請者の環境によって一定のポイントが緩和されているに過ぎません。逆に、自分が「簡易帰化に当てはまる」という証明からしなければなりません。
例えば「お二人の関係が本物の夫婦」ということについて、まずそのことを審査官にアピールしなければなりません。ご自身では当たり前すぎて疑問に思わないかもしれませんが、この前提条件から証明してく必要があります。

「日本人配偶者」のビザは、偽装結婚(婚姻生活のない結婚)でないかを厳しく審査のされるビザです。偽装結婚は民法で禁止されています。つまり、帰化申請でも厳しくチェックされます。

日本では男性は18歳以上、女性は16歳以上の方が結婚をすることができます。母国の法律でも20歳未満で結婚できる場合は、婚姻が成立します。7条の簡易帰化の場合、年齢要件が無くなるのは婚姻関係が続いていればハタチ未満でもよいということを示します。(離婚したら20歳以上、5年以上居住要件になります。)

まとめ

以上、簡易帰化の7条についてご説明いたしました。7条は日本人の妻や夫で一定期間の婚姻期間や居住期間がある方が該当します。日本人の方と結婚し、今後も日本で生きていく決意の固い方は要件が緩和されています。ただし、他の要件についてはしっかりと満たしている必要があるので注意してください。

ABOUT US

東京都行政書士会所属 行政書士(登録番号:20080167) クライアントの視点を第一に、明るい笑顔と前向きな心を大切に日々業務に取り組んでおります。 <経歴> 2011年 立教大学経営学部卒業 2011〜19年 都内の菓子メーカーにて営業職として勤務 2019年 都内の行政書士事務所にて勤務 2020年 行政書士登録 2020年8月 ネクステップ行政書士事務所 開業